私の青汁はノンカフェイン

【私の青汁】ノンカフェイン!緑茶や抹茶は使われていない

私の青汁はノンカフェイン

青汁の中にはカフェインを配合しているものもあるそうですね。
青汁と言っても、その中身はいろいろありますからね。

 

 

普通に考えれば、青汁にカフェインって配合されないはずなんですけど。
味を調えるために、緑茶や抹茶を使ったりすることがあり、それがカフェイン配合になるとか…。

 

 

で、私の青汁にカフェインを配合されているのか。
ネットで調べてみました。

 

 

ネットで調べた結果
「緑茶や抹茶は使っていないので、ノンカフェイン」
という人がいました。

 

 

ただそれは緑茶や抹茶を使っていないというだけであって。
絶対にノンカフェインという保障はないのでは?

 

 

これまたネットで調べてみると
「大麦若葉には微量のカフェインが配合している」
という人もいたので、もうそうなるとほとんどの青汁がカフェインを配合しているってことになると思います。

 

ただこれはほんとうに極微量のカフェインということで。
ほとんどカフェインを気にしなくていいってことですけど。
なんかそんなことをいえば、どんなものでも共通しているのでは?

 

 

そもそも緑茶を飲んでカフェインが配合しているから。
緑茶が健康に悪いと思ったことは自分は一度もありません。

 

エナジードリンクになると話は別ですけど。
カフェインって最近の人は気にしすぎなんですよ。

 

そういう人は寿司屋で
「緑茶にはカフェインを配合している!」
と、外食に雰囲気をぶち壊すことがあるのか謎ですけど。
ないでしょ。

 

 

つまりカフェインを気にしすぎている人って。
「車に乗ったら事故にあうかも」
な感じだと思います。

 

そりゃ、乱暴な運転をしていれば事故にあうかもしれませんけど。
車に限らず、事故のことを考えたら外に出れないでしょ。
もちろん、外に出るよりは、家の中にいたほうが交通事故にあう可能性は低いわけですけどね。

 

 

 

 

 

結局私の青汁はノンカフェインなのか?

結局のところ私の青汁はノンカフェインなのか?
ネットでの青汁のカフェイン配合の意見も分かれているのでなんともいえません。

 

 

たとえば、ある人は
「大麦若葉にはほぼカフェインは配合されていないので、ノンカフェイン」
と言っている人もいますし。

 

別の人は
「大麦若葉には、極微量だがカフェインを配合している」
と言っている人もいます。

 

 

自分的には、ちょっとでもカフェインを配合しているのならノンカフェインではないと思っています。
でも、そもそもカフェインを気にしすぎなんですよ。

 

だから、微量のカフェインだから大丈夫とかいう話ではなく。
緑茶とか飲んでも大丈夫だろ!!!!

 

 

さっきもいいましたけど。
妊婦は寿司屋に行ったら
「緑茶はカフェインを配合しているから危険だ!」
なんていうの?

 

まぁ人によってはいうと思いますけど。
そこまでいったら、なんか過敏すぎだと思うんですよね。

 

 

でも人によっては
「妊娠中は微量のカフェインも取りたくない」
という人もいると思うんです。

 

そういう人は、青汁を飲む必要がないと思います。
というか、自分的に青汁って歴史が浅い飲み物なので。
妊娠中は避けたほうがいいと思っているところが強いです。

 

だって、青汁って、メーカー的には
「儲かるから販売しよう」
な感じで製造しているメーカーが多いでしょ。

 

いや、メーカーというのは利益がでるから製品を製造しているので。
青汁に限ったことではないんですけど。

 

 

それでも青汁というのは、まだ歴史が浅いものだと自分は思っています。
日本人は青汁が健康にいいと思っていますけど、青汁というのは
【野菜不足を補う飲み物】
なわけで。

 

青汁を飲むぐらいなら、新鮮な野菜を食べたほうが何倍も体に優しいと思います。
というか、よくカフェインが気になる人が、青汁なんて飲もうと思うものだと思います。

 

そういうところも
「青汁は体に良いものだ」
と思い込んでいるところが強いのだと思います。

 

 

 

 

 

カフェインと青汁は似たりよったりでは?

ぶっちゃけ、自分は青汁とか飲むより
【熱い緑茶を飲んだほうが健康に良い】
と思っています。

 

 

 

人間冷水を飲むより、あたたかいお茶を飲んだほうが健康効果が高いんですよ。

 

 

ただ青汁は野菜不足を補うという点があるから。
その目的なら、そりゃー青汁のほうが上だと思います。

 

でも健康効果の点なら、青汁飲むより熱い緑茶を飲んだほうが上だと自分は思っています。

 

 

だから
「カフェインがあーだこーだ」
というのは、ちょっとずれている気がします。

 

カフェインを配合したものがすべて危険になるのか?
カフェインを配合していないものなら、安全なのか?
それはちょっとおかしいですよね。

 

 

「カフェインは危険なので、緑茶はやめてジュースを飲みます」
なんて聞くと、ちょっと違和感を感じます。

 

緑茶とジュースなら、糖分の関係も考えて。
絶対はありませんけど、緑茶のほうが体に優しいと思うのは普通では…。

 

 

たしかにエナジードリンクのような、高カフェイン飲料はどうかと思います。
でも緑茶まで危険視するのはやっぱりおかしい。

 

ダイエットをしている人が
「炭水化物抜きダイエットをするので、毎日米をやめてケンタッキー(鶏肉)を食べます」
と言っているものな気がします。

 

 

たしかに微量なカフェインを摂取したら拒絶反応がでてしまうというのなら話は別ですけど。
そういう人になると、もう根本的に青汁とか飲まないほうがいいような気がします。

 

青汁飲まなくても生きていけるわけですし。
青汁をそこまで飲みたいと思う理由がよくわからないです。

 

 

じゃあなぜ最近はカフェインがネットで危険視されているのか?
それは
「カフェインの危険を知りたい人が多いから」
だと思います。

 

 

用はカフェインの危険を知りたい人に
「カフェインは安全です」
というのは、ちょっとずれているわけです。

 

カフェインの危険を知りたい人には、カフェインの危険のいろいろを紹介することでサイトは栄えるんですよ。
評価されるわけですね。

 

 

カフェインの危険を知り、カフェインが危険だと思う人が増えて
「多くの人がカフェインを危険視しているから、カフェインは危険なんだ!」
という人も増えてくる。

 

 

でもそうなると、日本の寿司屋は緑茶を出して
「カフェイン配合の危険なものをだしている!」
ってなるのかというと、違うと思うんです。

 

用は、エナジードリンクのような高カフェイン飲料でなくなった人がでたというニュースがでてくるから。
「カフェインが危険」
なイメージが付くわけですね。

 

でも毎日コーヒーをヘビーに飲んでいる人でも、その人が命の危険があるとは思えないでしょ。
コーヒー飲んでいる人が、危険な飲み物を飲んでいるとは見ないですよね。

 

 

ネットの情報というのは、万が一のことを語っているわけで。
それはさっきも言いましたけど
「外に出たら、暴走車と激突するかも」
な話なわけです。

 

「高齢者がうっかりミスでつっこんでくるかも」
な話なわけです。

 

緑茶をカフェイン配合で危険視している人は
「高齢者がうっかりで車で突っ込んでくるかもしれないから、家の中にいます」
と言っているようなものなので…。

 

いや、そうだろ。
むしろそれ(高齢者の運転の危険)より可能性が低いわ!
緑茶の飲みすぎて、命の危険が出た人なんて聞いたことがない!!

 

いや、むしろ最近は高齢者が車で事故を起こすのが多すぎるんだよなぁ。


ホーム RSS購読 サイトマップ