葉っぱのミルク

【葉っぱのミルク】豆乳&玄米配合のヤクルト社の飲みやすい青汁

葉っぱのミルク!豆乳&玄米の青汁

 

ヤクルトの青汁の中でも管理人一押しな青汁

 

葉っぱのミルク

 

を紹介します。

 

 

葉っぱのミルクの評価

  • 飲みやすさ 5点
  • 値段 5点
  • 香り 4点
  • 袋の形 4点
  • おすすめ度 5点

 

【葉っぱのミルクの販売店一覧】
葉っぱのミルク

 

【葉っぱのミルクの口コミ】
葉っぱのミルク口コミ

 

楽天市場2015年12月の葉っぱのミルクの評判
口コミ数⇒502件
平均評価⇒4.54点

 

★★★★★  | 337人
★★★★   | 117人
★★★    |  34人
★★     |   8人
★      |   6人

 

葉っぱのミルクはヤクルト社の青汁ということで、安心感があります。
ヤクルトと言えば、乳酸菌飲料やプロ野球チームでおなじみのメーカーです。

 

 

そのヤクルトの青汁なんですが。
ヤクルト社は結構青汁を販売しているんですよね。

 

 

自分はヤクルト社の青汁をいろいろ購入してみましたけど。
この葉っぱのミルクが一番好みでした。

 

ただそれは単に青汁っぽくないからかもしれません。
口コミなんかを見ていると
「豆乳入りで飲みやすい」
って言っている人が多いですけど。

 

【青汁ではなく豆乳飲料がメインなのでは?】
と思えるところもあったりします。

 

 

たしかに大麦若葉&ケールを使っているので青汁要素もあるんですけど。
豆乳要素も強いので。
「青汁ではなく豆乳飲料」
と言っても、間違いではないような気もします。

 

 

葉っぱのミルクはドラッグストアや薬局でも買いやすいというか、よく置いてある青汁です。
同じくヤクルトの青汁である朝のフルーツ青汁と並んでおいてあることが多いかな。

 

 

この2つはパッケージの形態。
値段が似ているので。

 

2つ並んでおいてあるショップが多いですね。
この2つはよく比較もされやすい青汁だと思います。

 

 

 

 

 

葉っぱのミルクの原材料や飲み方

葉っぱのミルクの原材料はこちら。

  • 調製豆乳粉末(遺伝子組換えでない)
  • 大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)
  • 含蜜糖
  • 豆乳粉末(マルトース、豆乳(遺伝子組換えでない))
  • 発芽玄米粉
  • ケールエキス末
  • ※原材料の一部に大豆を含む

最初に調製豆乳粉末なんて書かれているから
「青汁ではなく豆乳飲料なのでは?」
なんて感じる人もいるようです。

 

 

実際のところ、豆乳入りの青汁なのか。
大麦若葉やケールを配合した豆乳飲料なのか…。
どっちでもいい気がします。

 

ただ口コミとか見ていると
「青汁ではなく豆乳飲料だろ!」
な感じで低評価をつけている人もいるので、気になる人は気になるのかもしれません。

 

 

飲み方は1日1杯って感じかな。
特に飲み方とかは決まっていないようです。

 

1杯に含まれる栄養はこちら。

  • カロリー 20〜31kcal
  • たんぱく質 1.6〜2.6g
  • 脂質 0〜0.3g
  • 糖質 3.1〜4.9g
  • 食物繊維 0〜0.5g
  • ナリウム 19〜34mg
  • β-カロテン 60〜492μg
  • ビタミンK 13〜43μg

ぶっちゃけ自分はこういうのはまったくわからないというか…。
こういうの見て、なにか感じる人っているのかな?

 

気になるのはカロリーの量と、食物繊維の量ぐらいでは?
青汁って食物繊維を摂取するために飲むって感じですから。

 

 

こういう栄養素を見て、なにか思うところがある人は、そうとう通というか。
栄養学に精通している気がします。

 

やっぱりカロリーぐらいでは?
ぶっちゃけ粉末7gで20カロリーって多くないか?
いや、葉っぱのミルクに限ったことではなく、青汁の多くがそんな感じだと思いますけど。

 

1杯水100mlを目安に飲みます。
水でのカロリーということになるので、牛乳などで飲むともっとカロリーは高くなるってことか。

 

 

 

葉っぱのミルクは青汁っぽくない青汁

自分はヤクルトの青汁の中でも葉っぱのミルクが好みです。
青汁っぽくないので、おいしいんですよ。
後味にちょっとだけ、青汁っぽさがある程度です。

 

最初のうちは青汁の癖のある味が苦手な人も多いと思います。
ある程度葉っぱのミルクで青汁になれて、いろいろな青汁に挑戦してみるのもいいと思います。

 

 

青汁を飲むとする人は、健康効果にこだわって青汁を選ぶ人が多いです。
でも青汁は飲みやすくないと、すぐに飲まなくなってしまいます。

 

一度青汁って飲まなくなると、再び飲み始めることって少ないと思います。
自分もそんな感じなので。

 

 

飲みやすい葉っぱのミルクは

 

はじめて青汁を飲む人

 

におすすめです。
まったく青汁の味がないというわけでもないので、青汁とはどんなものなのか知るのにもちょうどいいです。

 

葉っぱのミルクで青汁の味に慣れてから、いろいろな青汁にチャレンジしましょう。
1袋20袋入りです。

 

なのでそのぐらいなら、飲み終えることが出来ると思います。

 

 

パッケージがかわいいというか、老人くさくないので。
若い人にも興味が出やすいと思います。

 

青汁って
「まずそう」
と思っている人も、どんな味なのか興味がある人は多いと思います。

 

そういう人にとっては葉っぱのミルクのパッケージを見ると
「試しに飲んでみようかな」
と思えるところもあると思います。

 

 

まぁたしかに青汁っぽくない青汁なんですけど。
それでも青汁の味はちゃんとあるので…。

 

「そんなにおいしくない」
って思う人もいるかもしれませんが。

 

他の青汁になると、もっと青汁っぽさがあるので。
葉っぱのミルクで苦手なら、他の青汁はもっと苦手に思うところがあるような気がします。

 

 

 

 

 

葉っぱのミルクは豆乳&玄米入りの青汁

はじめて青汁を飲む人におすすめなのが、この葉っぱのミルクです。

 

青汁の癖がほとんどないので、普通においしいです。
逆に青汁に慣れた人は、青汁っぽくないので物足りないかもしれません。

 

 

豆乳や玄米が入っているので、ちょっと舌触りがざらざらと重い感じがあります。
そこが気になる人もいるかもしれません。

 

でも自分的には、ちょっと香ばしいところが逆によかったです。
同じ感想を持つ人は多いようです。

 

 

1袋で100mlほどの量が作れます。
おなかにたまるということもなく、抵抗なく飲めると思います。

 

自分はこの葉っぱのミルクを3包みぐらいつかってペットボトルに一気につくって、2,3日かけて飲んでいます。

 

 

1袋100ml作れるので、3包みつかえば300mlほどの青汁ができます。
これを2,3日かけてちょくちょく飲むようにしています。

 

葉っぱのミルクは食感(のみ心地)がちょっと重いので、50mlぐらい飲めば結構お腹が膨れます。
青汁ダイエットに向いているかもしれませんね。

 

他のメーカーの青汁を、豆乳の中に入れて飲んでいる人もいますから。
葉っぱのミルクの豆乳&玄米入りというのは、気にならないです。

 

【葉っぱのミルクの販売店一覧】
葉っぱのミルク

 

 

 

葉っぱのミルクはコストパフォーマンスが高い!

葉っぱのミルクは1000円ぐらいで購入できて、1袋の中に20包み入っています。

 

 

1包みあたり50円と考えると、コストパフォーマンスも高いです。
青汁は基本1袋70円〜100円ぐらいするものが多いですからね。

 

 

葉っぱのミルクは安いところでは1袋700円ほどで販売しているショップもあります。
安く販売しているショップを見つけて購入しましょう。

 

 

アマゾンでも700円ほどで販売されています。
楽天市場のほうがポイントがつく分お得かな。

 

 

ドラッグストアでも多くのショップで販売されています。

 

通販を利用して、最安値ショップで購入するのもおすすめです。
定価の1080円で購入するのと、700円で購入するのでは差が大きいですよ。

 

 

 

 

 

癖が少なくとにかく飲みやすい!

この葉っぱのミルクは青汁ということなんですが、青汁特有の苦味や癖がほとんどありません。

 

青汁はよく抹茶の味といわれていますけど、この葉っぱのミルクはそういった感じではないです。
なんとも表現しづらいんですが、玄米や豆乳の主張が大きい味だといえばいいかな。

 

決してまずくはないので
青汁はあまり好きではないけど、健康のために青汁を飲もう
とおもっている人には、この葉っぱのミルクがおすすめです。

 

 

青汁は苦手だという人も、この葉っぱのミルクは少し後味に青汁っぽさが少しあるだけなので飲めると思います。
葉っぱのミルクは青汁嫌いな人には抵抗なく飲めると思います。

 

でも青汁好きな人には、青汁らしさがないからイマイチと思うかもしれません。
青汁らしさがないのが、良さとしてでるか、悪さとしてでるか。
それぞれなんです。

 

なんとも青汁らしからぬ青汁だと思います。

 

 

 

 

 

葉っぱのミルクまとめ

葉っぱのミルクはすべての点において、及第点な青汁。

 

青汁をよく飲む人にとっては
「青汁らしさがないからイマイチ」
と感じるかもしれません。

 

でも他には特に欠点がみつからない。
コストパフォーマンスの優れた青汁です。

 

値段の点を考えると、葉っぱのミルクを買って後悔することは少ないはず。
管理人イチオシの青汁です。

 

 

ざらっとした食感がなかなかいい感じです。

 

青汁のダマが残っているものは苦手なんですけど。
この葉っぱのミルクは、ダマが残るというよりは、飲みやすいざらっとした食感があります。

 

 

たしかに青汁っぽくないと言われればそのとおりで。
青汁慣れしている人には邪道に感じるかもしれませんが。

 

はじめて青汁を飲むって人には。
青汁の癖が少なくておすすめです。

【葉っぱのミルク】豆乳&玄米配合のヤクルト社の飲みやすい青汁記事一覧

【葉っぱのミルク】1袋あたりの値段が安い!ドラッグストアでもアマゾンや楽天市場で...

朝のフルーツ青汁は15袋入りなのに対して、葉っぱのミルクは20袋入りです。そういう点では葉っぱのミルクは1袋辺りの値段が安いです。葉っぱのミルクは定価の1050円で買ったとしても20袋入っています。1袋あたり50円ほどの値段で青汁を飲めることになります。朝のフルーツ青汁は15袋入りなので、1袋あたり...

≫続きを読む

 

【葉っぱのミルク】牛乳で飲むとコーンフレークの味!豆乳&玄米の味?癖がなく飲みや...

葉っぱのミルクは水で飲んでも飲みやすい青汁です。でも牛乳で飲むとさらに飲みやすい青汁になります。もう青汁ではなくなると言っても過言ではないぐらい、癖がなくなります。まぁ大抵の青汁が牛乳で飲むと飲みやすいんですけどね。葉っぱのミルクは特に牛乳との相性が良い青汁だと思います。牛乳でつくった葉っぱのミルク...

≫続きを読む

 

【葉っぱのミルク】味がうまい!管理人おすすめの青汁!はじめて青汁を飲む人におすす...

自分はヤクルトの青汁だけでなく、他のメーカーの青汁もいろいろ飲んできました。その中でも、ヤクルトの葉っぱのミルクが一番おいしいかなぁといった感想を持っています。たしかに葉っぱのミルクは青汁っぽくない青汁です。葉っぱのミルクを青汁といっていいのかは謎なところがあります。でも粉末はどうみても緑色の青汁粉...

≫続きを読む

 

【葉っぱのミルク】青汁慣れしている人にはまずい?青汁らしさがない

葉っぱのミルクは飲みやすくて、自分が一押しする青汁です。あえてデメリットを探すとするのなら袋がちょっと太いから、ペットボトルでつくるとき粉末を流し込むときにちょっと大変かな・・・。でもデメリットはそのぐらいで、味は飲みやすいです。値段も安いし、ケールも配合でいいことずくめだと思います。ただ、この葉っ...

≫続きを読む

 

【葉っぱのミルク】青汁を飲む意味があるか

葉っぱのミルクと言った青汁を飲む意味があるのか?青汁っていうのは、体にいいとか言われていますけど。その実態は、大麦若葉やケールを飲みやすくしたものです。なので、野菜不足を補うっていうの?普段野菜を食べない人が「バランスのいい食事をしたい!」って思っている人におすすめってことですね。なので、野菜を食べ...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクは食感がざらざらしている

葉っぱのミルクは味はおいしいのですが食感がざらざらしているので、人によっては抵抗がある人もいると思います。自分はこのざらっとしたのが、気にならないというかむしろおいしく感じていますけどね。これは葉っぱのミルクが豆乳&玄米入りの青汁だからだと思われるのですが人によっては、粉末がちゃんと溶けていないよう...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクは豆乳&玄米入りの青汁

葉っぱのミルクのほかの青汁との違いとして豆乳玄米この2つが配合されている点が上げられるでしょう。そのため、葉っぱのミルクを飲むと、ややざらざらした食感があります。これは好みが分かれると思いますが、自分としては好みます。人によっては、青汁粉末が溶けきっていないように感じるかもしれませんがざらざらした舌...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクは安い

葉っぱのミルクと朝のフルーツ青汁はどちらも約1000円ほどの値段なので、同じ値段のようにみえます。ですが、葉っぱのミルクは20袋入りで朝のフルーツ青汁は15袋入りということで1袋あたりの価格は、葉っぱのミルクのほうが安いということになります。葉っぱのミルクは1杯あたり、40円〜50円ぐらいの値段であ...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクは豆乳&玄米で食感がざらっとしている

葉っぱのミルクを飲むとざらっとしていることに気づくと思います。粉末が溶けきっていないのかとも思いましたがそうではなくて、おそらく豆乳と玄米の食感が残っているのだと思います。ただこれは他の青汁よりも、舌触りがあるのは確かなことなので抵抗がある人もいるかもしれません。ただ自分が葉っぱのミルクを飲んでの、...

≫続きを読む

 

ドラッグストアでよくみかける葉っぱのミルク

葉っぱのミルクはドラッグストアでもよくみかけるので買いやすい青汁だと思います。青汁はいまではいろいろなメーカーのものがでているのでドラッグストアにいくと、一部のメーカーの青汁しか置いていません。葉っぱのミルクはヤクルトという大手メーカーの青汁だからか多くのドラッグストアで置いてある青汁のように感じま...

≫続きを読む

 

青汁を豆乳で飲む人も多い

葉っぱのミルクは豆乳を配合した青汁ということですが青汁を豆乳で飲む人もいます。青汁を水で飲むというのは定番でしょうし青汁を牛乳で飲むという人も、それなりに多いです。その次あたりの青汁粉末の使い方として豆乳で飲む人がいるように感じます。豆乳という飲み物は飲んだことがある人ならわかると思いますが調整豆乳...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクは牛乳で飲むと飲みやすいしおいしい

ヤクルトの青汁の中でも葉っぱのミルク朝のフルーツ青汁この2つは牛乳で飲んだほうが絶対おいしいです。水で飲んでもたしかに飲めますが、おすすめは牛乳で飲むことなので、葉っぱのミルクは牛乳で飲んでみてほしいです。はじめて青汁を飲む人でも、葉っぱのミルクを牛乳で飲めば、おいしくのめるでしょう。後味にたしかに...

≫続きを読む

 

ヤクルトの青汁「葉っぱのミルク」を紹介します。

ヤクルトの青汁の1つ葉っぱのミルクを紹介します。葉っぱのミルクは大麦若葉とケールを配合している点は、多くの青汁と共通しています。葉っぱのミルクの特徴としては、大麦若葉とケール以外にも豆乳発芽玄米この2つを配合しています。そのため舌触りがざらざらした青汁ですが、味がまろやかで青汁らしさが薄い飲みやすい...

≫続きを読む

 

ヤクルトの葉っぱのミルクは管理人おすすめの青汁

自分がヤクルトの青汁の中でおすすめするとなると葉っぱのミルクをおすすめしますあくまでも青汁初心者っぽい人にですけどね。青汁の通っぽい人にヤクルトの青汁をおすすめするのなら私の青汁をおすすめします。【私の青汁紹介記事はこちら】⇒「私の青汁」は粉末が溶けやすく飲みやすい癖のない青汁葉っぱのミルクは、青汁...

≫続きを読む

 

豆乳と大麦若葉の青汁葉っぱのミルク

葉っぱのミルクといえば大麦若葉豆乳玄米この3つが入った青汁として有名なのですが、主要なものは大麦若葉と豆乳だと思っています。玄米は原材料をみるかぎり、後ろのほうに記述されているのでおまけ程度と考えていいのではないでしょうか。大麦若葉は他の青汁でも使われているので、青汁といえば定番のものです。だから、...

≫続きを読む

 

葉っぱのミルクと緑効青汁 おすすめはどっちだ?

ヤクルトから販売されている葉っぱのミルク。アサヒ緑健から販売されている緑効青汁。おすすめはどちらでしょうか?考えて見ます。葉っぱのミルクのほうが安い自分は葉っぱのミルクを買います。それは別に「自分がこのサイトで葉っぱのミルクをおすすめしているから」とかではなく。緑効青汁は値段が高いからです。緑効青汁...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ